包茎にはいくつか種類が存在していますが、日本人に身近な種類は仮性包茎です。仮性包茎は包茎手術が可能なのか気になる方のために、仮性包茎の特徴・手術が行える場所の違い・手術方法についてをご紹介しています。

包茎は葉鹿しい悩みと思われることが多いため、いきなり病院へ足を運ぶよりも、まずセルフチェックを希望する方の方が多いでしょう。そのため、まずは自分が仮性なのかを知るためにも特徴を把握することが大事です。その後、相談と治療(手術)が行える医療機関について学び、手術方法のメリット・デメリットを勉強していきましょう。

仮性包茎は日本人に多いタイプ

包茎には、真性・仮性・カントンという3つの修理が存在しています。中でも仮性包茎は日本人に多い種類と言われており、人知れず悩んでいる方も多い傾向にあります。

仮性包茎は平常時に亀頭の一部(または全部)が包皮に隠れますが、その包皮は簡単に剥ぐことができます。他の種類の口が狭いため剥ぐことが難しい傾向にありますが、仮性包茎は亀頭の全体を出すことが容易に行えます。剥がす際に、痛みを覚えることもありません。

しかし、剥がした包皮は手を離すと徐々に元通りになり、また亀頭にかぶさってしまいます。包皮の戻り方には個人差があり、平常時にだけ亀頭にかぶってしまうタイプと、勃起時にも戻ってしまうタイプがあります。どちらにしても包皮を容易にはがすことができるなら、診断上の名称および種類は仮性包茎になります。

医学的に注意したいポイントは、亀頭冠(カリ)に恥垢が溜まることによる衛生面の問題と、包皮が戻る時に陰毛を巻き込んで包皮や亀頭を傷付けることです。恥垢による雑菌反証と微細な傷が同じ場所にあると、細菌感染症を起こしやすくなります。

また、見た目的な問題を抱える方も多いです。男性からも女性からも好まれないと言われているため、形をなんとかしたいといった理由で改善を志す方も少なくありません。

包茎手術と相談が行える医療機関について

仮性包茎は、包茎手術を行うことができます。包茎手術は、包茎専門クリニックと泌尿器科で行うことができます。それぞれメリットとデメリットがあるため、自分の希望に合った医療機関を選べるよう把握しておきましょう。

包茎専門クリニックでは、技術・スタッフ・対応可能な種類の数・カウンセリング時の姿勢・サポートなどの面で泌尿器科よりも評判が良い傾向にあります。しかし、専門クリニックは自由診療のなるため、保険が適用されません。

専門クリニックは、費用よりも出来栄え・スタッフの対応・医師のサポート体制などが大事と考える方におすすめです。仮性陰茎は見た目の問題で改善したいと考える方も少なくないため、技術面を重視して専門医を頼りましょう。また、専門クリニックのスタッフは男性です。

泌尿器科は専門医よりも技術面に問題がるため、仕上がり具合が納得のいかないものになる可能性があります。スタッフも男性だけではありませんし、サポートやアフターケアといった面での対応も基本的にありません。陰茎の悩みに関する寛容性、特に医療に無関係な見栄えや形の悩みに対する寛容性には医師により違いがみられます。

しかしながら、泌尿器科では保険が適用されます。そのため、見栄えよりも費用を浮かせたい方・衛生面を重視して改善したい方におすすめします。メリット・デメリットを比較して、自分に合った医療機関で治療を行うことが大事です。

仮性の包茎手術には2つの方法がある

包茎手術の方法は包茎の種類で異なる場合もありますが、主流は切る手術です。特に、真星やカントンのタイプでは切る手術しか手段がありません。しかし仮性包茎では、比較的新しい方法として切らない手術も登場しています。

切らない手術とは、簡単に言えば包皮を剥いて糸で固定する方法です。切る手術よりも手間がないため、10分程度で完了します。切る手術も日帰りで済ませることができますが、切らない方がより短時間で行えます。体への負担が少なく、短時間で済むといった点がメリットになるでしょう。

しかし、デメリットもあります。まず包皮を切り取らないため、見た目は芳しくありません。さらに、固定した包皮部分に雑菌が溜まりやすくなります。固定に使う糸は経過とともに切れる可能性が高いため、一度行えば永久的に包茎にならないといった持続性はありません。

以上のことから、切らない手術方法は一時的に改善したい方・さっと済ませたい方におすすめです。切らないので痛みがないという点もメリットに挙がりますが、切る手術も麻酔を行うので、手術に際した痛みはありません。ただ、麻酔は体に負担がかかるので、麻酔を使用できない状態にある方・高齢の方などは切らない方法が向いています。

まとめ

包茎の悩みがあっても、いざ相談しに行くのは躊躇われる方も多いです。仮性包茎の特徴を把握した上でセルフチェックを行い、他種類と比較して自分の状態を確認してみると良いです。確かに包茎であることが疑われる場合には、診察と治療が行える医療機関を探しましょう。

同じ専用クリニック、または泌尿器科でも、包茎に関する技術・知識・患者への向き合い方・行える包茎手術の方法などには違いがあります。心身的な負担を軽減し、満足のいく改善を行うためには、事前に対応医療機関の比較を行うことをおすすめします。今はインターネット上に比較サイトがありますので、活用してみましょう。