包茎手術では真性の場合は費用が高くなる傾向がある

包茎には、亀頭が不完全に露出する仮性、亀頭を包む皮が狭いカントン、完全に亀頭を皮が包んでしまう真性タイプがあります。包茎手術を受ける際には、自分がどのタイプかを判断して、信頼できるクリニックを選んでいくことが大切になります。

比較サイトを見ると、それぞれの包茎手術の内容や費用面の記載を見ることができます。利用者の声や口コミを見ながら、クリニックの比較を行っていきましょう。それぞれの施術を比較して見ると、真性タイプの包茎手術が費用が高い傾向が見られます。

真性の場合には、長きに亘って亀頭が皮に包まれていたことにより、ペニスが縮んでしまう場合もあり、皮の切除と一緒に陰茎の長大を試みるケースが多いからです。ペニスのようなデリケートな部位の施術には、細心の注意を持って挑むことが大切です。それぞれのクリニックの特徴を比較しながら、自分に適した包茎手術を行えるクリニックを選んでいきましょう。

包茎手術を行うクリニックを比較するポイント

包茎手術を行う際は、信頼できるクリニックであることが大切です。亀頭を包む皮は、一度施術すれば二度と施術はしないものです。費用の面だけで考えるのではなく、施術後に問題が生じた場合のフォローも含めたクリニック選びを心がけましょう。実際に施術を受けた方の口コミや評判を参考にしながら選ぶことが大切です。

信頼できるクリニックの場合には、担当医が顔出しを行っているものです。殆どのクリニックでは、無料で受けることが可能なカウンセリングを実施しています。顔出しを行っているクリニックの場合には、執拗な勧誘をすることもなく、丁寧な施術相談を行ってくれる傾向があるものです。

真性包茎の場合は、余分な皮を切除するだけではなく、陰茎長大施術も伴っていきます。術後のダウンタイムも長引く傾向がありますから、通いやすいクリニックであることが大切なのです。真性包茎を治すことで男性としての自信も回復します。自分にあったクリニックを選んでいきましょう。

まとめ

包茎のなかでも、真性の場合には余分な皮の切除と一緒に陰茎の増大も行うものです。他の施術に比べると施術費用が高めになる傾向があるのです。術後のダウンタイムも長引く傾向がありますので、クリニックを選ぶ場合には、アフターフォローも含め、信頼できるクリニックを選びましょう。比較サイトには、利用者の方の口コミや評判も多数掲載されています。自分の症例にあったクリニック選びを心がけましょう。担当医が顔出しをしているかも大切な判断基準です。